摺本好作 コンパス工房

摺本好作

ムフフ工作日記

〒379-1125
渋川市赤城町上三原田705-3
電話/FAX:0279-56-7851

私の履歴

1936年

三重県上野市(現伊賀市)生まれ

1955年-

子供の化学

東京在住。趣味を生かして模型工作の記事を月刊誌(子供の科学、模型とラジオ、航空ファン、世界の航空機)に連載。

自分で企画・設計・制作し、作り方の絵と文と写真をつけて原稿になる。学生生活(日大建築)の兼の下宿生活。

1958年

日本初のプラモデルの組み立て説明図

日本で初めてのプラモデル(ノーチラス潜水艦)の組立説明図を書く事になったのをきっかけに、玩具の企画・開発に参加。あちこちのメーカーの仕事をかけ持った。

1968年

趣味でバイクに乗っていたのが縁で、バイクのイラストを描くようになる。

1969年

プラモの説明書の仕事忙しくなり、若いアシスタントが参加。

1976年

飯田橋(それまで自宅のある練馬)に事務所引越し、(株)コンパス設立。スタッフ6人、日本のプラモデルメーカーの半分(15社)近くの仕事で大忙し。他にペーパークラフトの本製作開始。約20冊出版。模型工作の本も20冊ほど。

1980年

スタッフ10人に。工作教室や博物館の模型展示施工など模型玩具に関連した仕事を掘り下げる。

1983年

第2次オイルショックでプラモ業界大荒れ。新製品が出なくなり当社解散。1人にもどりバイクのイラストを本格的に開始。

1984年

バイクで海にそって日本一周。

1985年

日本一周スケッチ集出版
僕の乗って来たバイク40台スケッチ集出版。

1986年

鈴鹿8時間耐久オートバイレースのイラスト集(300枚)出版。

1988年

日本一周2度目は山の中
この頃から又、模型作りの血がさわぎ出す。ペーパークラフトを丈夫にしたベニヤ板工作を始める。が米ヒバ材と出会いトリコになる。バイクのイラストレーターの頃JAAA(ジャパンオートモビルアーチストアソシエイション)に所属。毎年グループ展あり。会場六本木のアクシスの責任者から個展の話が起き、3年後を約束。さて何を作ろう・・・?

1992年

そのアクシスで木の自動車1000台を作って個展(まだ途中未完成だったがそれが面白いと)更に車100台を1/40~1/12の大きさに10種類を作り、サイズに合わせ作りこみを工夫。商品にはならなかったが、気の扱い道具の扱いを学べた。それまでは100Vのミシンがあっただけ。以来商品作りに四苦八苦の毎日。
商品作りは趣味で作れない、自動車に飛行機に動物に...あげくに観覧車まで。この観覧車は途中から夢がふくらみ、軸なしで輪(全体)がまわるのがほしくなり試作2年半。

2001年

この軸なし観覧車を東急ハンズの「ハンズ大賞」に応募したところ、選考委員には選ばれなかったが、お客さんの人気投票で一番になり「ピープル賞」を授く。嬉しかったネ。

2002年

もっと大作を作りたかったのと、そろそろ田舎暮らしをしたくなっていた。
たまたま渋川のバイク仲間を訪ねた(3月)のがきっかけで、9月に引越し。このフットワークの軽さ、まだまだ若い。一年半ほど借家住まい。

2003年

赤城村(現赤城町)に自宅と工房を建ててついに目的達成。まわりの広さがありがたい。面白い物作り開始。ずっと工作少年でいたいですね。

作品紹介

摺本好作:あれこれ試作した自動車
あれこれ試作した自動車

僕の自動車にはサスペンションがつき(二階バスの前輪と後輪の差を見て下さい)、ドアやボンネットループやハッチがはずれます。シートもとれます。1991年以降

摺本好作:「木の樹」飾り台-2
「木の樹」飾り台-2

赤城に移ってからの作品。まだまだこれから進化します。

摺本好作:本立てトラックロングタイプ
本立てトラックロングタイプ

大 710mm 車軸を3軸、4軸、6軸と模型ならではの遊び心優先。大・中・小あり。全車、後ハッチを開けると床下に秘密の引出しあり。(写真左から3台目)

摺本好作:2輪 ロボットカー
2輪 ロボットカー (販売可)

摺本好作:オモチャ箱
オモチャ箱 (販売可)

大小いろいろ・・・こんな オモチャ箱 が 欲しかった。

摺本好作:ワインデッカー
ワインデッカー (販売可)

3本入りもあり

摺本好作:カーリングカー
カーリングカー (販売可)

冬季オリンピックの「カーリング」のルールでプレイする。競技にしたい・・! コースの準備あり、手で押して走らせる。大型はその、重さパワーに驚かされます。